真っ暗だと熟睡できない?

眠りが浅かったり、寝つきが悪い人は、部屋を真っ暗にしていませんか?最近知ったのですが、真っ暗にすると熟睡できないことが多いみたいです。イメージ的には電気を完全に消して寝た方がいいような気がしますが、実は違うみたいです。ストレスのせいなのかこの頃、眠りが浅かったので、どうしたらいいのか睡眠に関する本を読んでみるとそう書いていました。でも、だからといって電気を完全につけたまま寝るのはNG。明るすぎも眠りの妨げになるので、一番いいのが豆球程度の照明です。このくらいの明るさが最も熟睡できる環境っぽい。
実際にやってみるとあら不思議、本当に寝つきが良くなりました。眠りも深くなって、疲れが翌日に残らなくなったので、今ではちょっと明るくした状態で布団に入るようにしています。最初は違和感があったけど慣れるとこっちの方がいいです。あとこれは私だけかもしれませんが、布団に入ってから小説を読むと目が冴えてしまうことがあります。だから、本気で熟睡したい時はなるべく読まないようにしています。話が難しい作品、頭を使わないといけない作品、ホラー系などは特に。そういえば、布団に入る前にストレッチを軽くするといいみたいなので、やってみてください。


アボカドではなくてアボガド?

最近、自分が使っていた言葉が間違っていたことに気付きました。なにかというと「アボカドです」です。ずっと「アボガド」だと思っていたから、本当にビックリしました。気づいたきっかけは小説です。文章にアボカドと書かれていて「あれ?間違ってない?」と思って、調べてみると私が間違っていたのです。もしかするとこうした間違いがまだあるかもと感じたので、よくよく調べてみたらやっぱりありました。たとえば、「シミュレーション」を「シュミレーション」、「ギプス」を「ギブス」と呼んでいました。ちなみにネットで見てみる「アボカド」「シミュレーション」「ギプス」の3つは、私だけではなくて、けっこうな人が間違って覚えているようです。私も小説を読んでいる時に違和感を覚えなかったら、いまだに知らずに使っていたかもしれません。
他にも「ティーバッグ」を「ティーパック」、「コミュニケーション」を「コミニュケーション」、「マニキュア」を「マニュキア」、「バッジ」を「バッチ」と呼んでいる人が多いみたいですよ。意味は通じますが、ちょっと恥ずかしい思いをすることもあるかもしれないので、今のうちに直しておいた方がいいかもね。私もこれからは気をつけます!


読書時のコーヒーに飲み過ぎに注意!

小説を読む時にコーヒーを飲む人は多いでしょう。リラックスできますし、目を覚ますのにも有効なので、私もよく飲んでいます。でも、飲む量には気をつけてください。過剰に飲み過ぎると健康に害を与える危険があります!みなさんも知っている通り、コーヒーにはカフェインが含まれています。このカフェインをたくさん摂ってしまうと色々な問題が体に現れます。たとえば、急に飲むのをやめると頭痛に悩まされるようになったり、長期的に飲み過ぎると利用作用の影響で、カルシウム不足になって骨粗しょう症になる恐れがあります。
また、貧血を引き起こしたり、生理を悪化させたり、カフェイン依存症になると焦りや不安、睡眠障害、胃痛、動悸、吐き気といった症状が起こることもあります。さらに高血圧を発症させてしまうともいわれているので、日頃から飲む量に注意した方が良さそうです。一日の適量はコップ3杯~4杯程度です。このくらいなら毎日飲んでも健康に害を与えることはありません。読書のおともにコーヒーを選んでいる人は、意識して適量に抑えてください。どうしてもたくさん飲みたい場合は、ノンカフェインのタイプを選びましょう。それならいっぱい飲んでも問題ありません。


うっかりリーディングライトを壊してしまった

先日、部屋の掃除をしていたら、うっかりリーディングライトを床に落としてしまいました。大事に使っていたから、けっこうショックです。値段もそれなりだったし。ちゃんと一度置いてから机を拭けば良かったと後悔しています。横着した結果がこれなので、これからは急がば回れの精神で掃除をすることにします。というわけで、今はリーディングライトなしで読書をしているのですが、かなり不便ですね。早めに買った方が良さそうです。なくてもどうにかなるかな?って最初は思っていましたが、目が物凄く疲れます。以前よりも目の疲れが酷くて、肩こりも悪化してきました。あるとないとでは、全く違うので、持っていない人は買った方がいいですよ。また、持っている人は大事に使ってください!
このままではどんどん目が悪くなると思って、リーディングライトを探しに家具屋さんに行ってきました。なかなか良さそうな商品もありましたが、そういったものに限って値段が高いです。どれも予算オーバーだったので、どうしようか迷っています。予算オーバーでも買うべきか、それともランクを下げて安いものを買うべきか。お金に余裕ができるまで我慢するという選択肢もありますが、目のことを考えると早めに買っておきたいです。


とにかく本をたくさん読みたい!

仕事のストレスのせいでしょうか。ものすごくたくさんの本を読みたくなりました。私の場合、たまにこういったことがあるんですよね。ストレスが溜まると暴飲暴食に走ったり、ブランド物をたくさん買う人っていますよね?そういった感覚に近いかも。私は本をたくさん読むことでストレスを発散できます。あまり、お金のかからないストレス発散方法で良かったとつくづく思います。さすがに本屋に行って何冊も本を買うとお金がかかりますが、別にお金を使わなくても本は読めます。だって世の中には図書館があるから!図書館に行けば、色々なジャンルの小説をタダで読むことができます。時間がなかったら借りて自宅で読むことだって可能です。本当に便利ですよね。
時間に余裕がある時は一日中いることもあります。面白そうな本をいくつか手に取り、いつもの場所に行き、読書を楽しむ。そして、気がつくと夕方になっています。「図書館でよく時間を潰せるね」と言われることもありますが、私にとっては簡単です。みなさんも好きなものが置いてある場所なら、何時間でもいれますよね?それと同じです。それがたまたま私の場合、本だっただけですよ。時間もあってとにかく本をたくさん読みたい時は図書館に行ってみてください!


キャンドル型ライトを購入!

この間、面白いものを買いました。それはキャンドル型ライトです。防水加工されているのでお風呂にも持っていくことができます。本物のキャンドルではないので、火事になる心配もありません。キャンドルの火を見ていると心が落ち着きます。部屋をちょっと暗くして、キャンドル型ライトで読書をしているとなんだかリラックスした気分になります。1個だと暗くて読書ができないので、2個~3個は用意した方がいいですよ。ちなみにお値段は2000円前後。1個2000円くらいなので、3つで6000円。サイズが小さいのでこのくらいで買えてしまいます。お部屋で使ってもいいし、お風呂で使ってもいいので、けっこう気に入っています。
しかし、先日1個壊してしまいました。お風呂に持っていった時に間違って落としてしまったのです。防水だから大丈夫だろう!って思っていましたが、完全防水ではありませんでした。ちゃんと注意書きに「絶対に直接浴槽に入れないで下さい」と書いていました。私の2000円が一瞬で吹き飛んだ瞬間でした。残りの2つは壊さないように大事に使います。こういったユニークな小物があると読書も楽しくなるし、お部屋もオシャレに見えるので、持っておくのも悪くないですよ。


お風呂にスピーカーをつけてみた

お風呂で音楽を聴きながら快適な読書を楽しみたい!って思ったので、スピーカーを置くことにしました。どんなものがあるのかネットで探していたら、5000円で売っていたので即購入。形はシンプルだけど安かったので気に入りました。防水だから水に濡れてもOK!どうやって聴くのかというとスマホとかパソコンで聞く感じです。スマホやパソコンにBluetoothについていますよね?スピーカーもBluetooth対応なので、それを利用して音楽を流します。軽くて持ち運びもできるし、かなり重宝しています。
それにしても5000円で買えるとは思っていなかったです。もっと高いと思っていたけど、まさかこんなに安いとはね!音質も全く問題ないです。綺麗に流れるので、読書も入浴も捗ります。前よりも長湯ができるようになったので、ダイエットにもいいかもね。ただ、ちょっと問題があります。以前よりも入浴時間が長くなってしまって、他のことに時間を使えなくなりました。もう少し入浴時間を短くしようかな。そうしないと寝るのが遅くなっちゃうし。他の人からすれば、幸せな悩みですよね。スピーカーでこれなので、テレビがお風呂にあったらもっと入浴時間が長くなりそう。テレビだけは見ないようにします。


どこでもWi-Fiが使えるから便利

以前はWi-Fiが使えるお店なんて少なかったですが、今は本当にどこでも使えるようになりましたよね。おかげで、スマホをサクサク使えるのでとても便利です。Wi-Fiだとダウンロードのスピードが段違いです。カフェで休憩している時にこの本が読みたい!ってなった時にダウンロードが遅いとイライラしますが、今はどこのカフェに行っても基本的にWi-Fiが使えるので助かっています。本当に便利な世の中になりましたよね。私みたいに外で小説をダウンロードする機会がある人にとって今の環境は最高です。
そんな環境だからこそ、たまにインターネットを契約しているのがもったいなく思うことがあります。ちょっと外に出ればネットが使えますし、最悪スマホでもネットが見れるので、契約している意味あるのかなってたまに思います。まぁ、契約していなかったらいなかったら不便に感じるとは思うけどね。なんだかんだパソコンの使用頻度も多いし。調べ物もスマホでするよりパソコンでした方が早いし楽です。だから、もったいないとは思うけど解約する気は全くないです。新聞代だと思えばそんなに高い出費でもないしね。そういえば、ネットをするようになってから新聞を読まなくなったかも。


寝るべきか本を読むべきか

寝るべきか、それとも本を読むべきか、迷う時があります。そうこう考えているうちに30分や1時間経っていて、どっちもせずにただボーっと過ごしてしまうことが多いです。この考えている時間があれば、「本も読めたなぁ」とか「寝れたなぁ」ってよく思います。物事をバシバシ素早く決めれる人がうらやましいです。こんなことを友人に話すと「優柔不断はいいことだよ」って言われました。「優柔不断は慎重ってことだから気にする必要はない」というのが友人の考えです。この発想は今までなかったので「なるほど」と納得させられました。そんな友人は全く優柔不断ではなく、ものすごい決断が早いです。友人いわく、「どっちを選んでも後悔するから迷う必要がない」みたいです。これも斬新な考えだなって感じました。
それでも私はもう少し決断力が欲しいです。本屋に行って欲しい本が2冊あって、どれか1冊しか買えない場合、ものすごく選ぶのに時間がかかります。2冊とも少し立ち読みして、それから他の本を読みながら、どっちを買えばいいか考えます。前なんて1時間以上悩んだ挙句、買わずに帰ってしまいました。今までの時間はなんだったの?という感じですよね。せめて迷う時間を半分くらいにしたいところです。


送別会で号泣

職場の先輩が辞めることになり、先日送別会を行いました。その先輩にはずっとお世話になりっ放しだったので、本当に感謝していますし、辞めるのを知ってからものすごく悲しいし、寂しいです。私のお姉ちゃんみたいな存在だったので、まだまだ一緒に仕事をしたかったです。でも、寿退社だから、幸せそうでした。旦那さんの写真を見せてもらいましたが、かなり格好良かったです。身長が高くて、顔もイケメンで、しかも公務員。もうバッチリですよね。私もそんな男性と知り合いたいと強く思いました。
送別会では泣かないようにしよう!って思っていましたが駄目でした。途中までは大丈夫でしたが、だんだんと寂しくなって、最後は号泣です。本人はケロッとしていて、私だけが泣いていたのでちょっとおかしな感じでした。今までお世話になったお礼ということで、小説をプレゼントしました。その先輩も小説が大好きなので、好きそうな作品を3冊ほどあげたのですが、予想以上に喜んでくれて嬉しかったです。他にもプレゼント候補はありましたが、どうやら小説にして良かったみたいです。これから一緒に仕事ができなくなりますが、「なにかあったらいつでも連絡をして!」と言われたので心強いです。お言葉に甘えて、すぐに相談してしまいそうな気がするけどね。